雑誌『Roost』/「アタマノナカ ヘヤノナカ」

株式会社CHINTAIが発行している雑誌『Roost』。

暮らしや住まいをテーマにしたこちらの季刊誌には、

クリエイターの「ひらめきが生まれる空間」を探る「アタマノナカ ヘヤノナカ」という連載ページがあります。

VOL.3の水谷孝次さんに続き、本日発売のVOL.4では青木がお声掛けいただきました!

弊社6Fオフィスと9Fラウンジの写真に加え、青木の発想法や広告観をまとめてくださっています。

ぜひご覧ください☆

ちなみに、VOL.4のテーマは「海暮らし、山暮らし」。

とりわけ「1/3移住計画」の考え方は興味深い!

写真もきれいで、ちょっとした現実逃避にもなります☆☆

『Roost』VOL.4目次


 


「暗いところからやってくる」

KAAT神奈川藝術劇場の企画「こどもとおとなのためのお芝居」ということで、

会場は親子連れのお客さんでいっぱいでした。

常識にとらわれているおとなには見えない、「暗闇に住む者」。

中学生の輝夫くんは、引っ越したばかりの自分の部屋で、そんな不思議な存在に向き合うことを余儀なくされます。

家族に信じてもらえずひとりで悩みもがいている姿は、とてもけなげでキュートでした。

「おとなはなんでも“気のせい”ですませる。」

人間を「観察」している「暗闇に住む者」たちが、そんなことを言っていました。

確かに、常識という感覚のもとで見逃しているものがたくさんあるのかもしれません。


「太陽2068」

いま一番注目されている若手劇作家、前川知大氏。

彼の読売文学賞受賞作が蜷川幸雄氏の演出で観られるなんて、ものすごい贅沢。

チケットを購入してからの数カ月、とても楽しみにしていました。

舞台は近未来。

世界の中心にいるのは進化した人類、強靭な肉体と明晰な頭脳を持つ「ノクス」。

彼らの唯一の弱点は紫外線であり、太陽光の下で活動することができません。

そして社会の周縁には、「ノクス」への強い反発を抱きながらも自立できずにいる旧人類「キュリオ」がいます。

物語は、かつて起こしたノクス殺傷事件のために経済封鎖を受けていたキュリオの集落が、

10年ぶりに解放されるところから始まります――。

夜にしか生きられない新人類と、太陽に生かされている旧人類。

その間にある嫉妬や羨望、嫌悪や侮蔑が、個々の人間関係の中に多様な姿で浮かび上がります。

差別の構造に対する鋭いまなざしを時々キラリとさせながらも、そこを敢えて抉り出さず、

人間どうしの関係性の中に吸収させてゆく展開は実に巧妙。

周縁に追いやられた「キュリオ」の集落を舞台の中心に置き、

そのガラス張りの床の下に青白い明かりの「ノクス」都市が広がっている、そんな空間設計も興味深いものでした。

笑ったり見惚れたり泣いたりと忙しくしていたら、あっというまにカーテンコール。

とにかくステキなこの舞台、当日券を手配して見るべし!役者さんもみなさん、素晴らしいです!!



LAWSON限定 POCARI SWEAT×ULTRA JAPANキャンペーン

マイアミ生まれのモンスターパーティ、ULTRA。

世界中を虜にする音楽フェスが今年9月、お台場にやって来ます!

LAWSONでは本日より、POCARI SWEAT×ULTRA JAPANのキャンペーンを展開。

レアな入場チケットの他、オリジナルグッズも当たります!!

こちらのキャンペーンのアートディレクションを、青木が担当させていただきました。

クリエイティブ・ディレクターは、ADK時代の先輩・山本武志さん。

サングラスやタオルのデザインもさせていただき、楽しいお仕事でした☆

みなさん、奮ってご応募ください!

LAWSON限定 POCARI SWEAT×ULTRA JAPANキャンペーン


コンタクトのアイシティ 駅貼りポスター

コンタクトのアイシティ「夏をアイしてキャンペーン!」。

正田真弘さん撮影のグラフィックも現在展開中です。

広瀬アリスさんの“ガンつけ”、駅貼り10連ポスターになると迫力満点!

新しいコンタクトが必要なお客さまに、ばっちり見ていただけますように☆


オロナインNEWステッカー

青木のイラストによるオロナインの電車内ステッカー、新作です!

神出鬼没のにきびに備えて、一家に一本オロナインを☆


サイクルベース あさひ

自転車専門店「サイクルベースあさひ」が、

ネットで注文した自転車を実店舗で受け取れるサービスを、7月3日から本格展開しています。

24時間ネットで注文でき、全国300以上の店舗にて送料なしの金額で受け取れるこのサービス。

受け取りの際、車体の調整や防犯登録、アフターケアも含めた相談などが対面で可能になります!

堀北真希さんがイメージキャラクターを務めるこちらの広告で、

グラフィック全般のアートディレクションを担当させていただきました。

クリエイティブディレクター:岡村靖弘さん、

コピーライター:斉藤尊司さん、

カメラマン:今城純さん

です。

梅雨明けに備えて、ぜひ新しい自転車を☆


夏をアイしてキャンペーン!

広瀬アリスさんのガンつけで話題の、コンタクトのアイシティ「夏をアイしてキャンペーン!」。

稗田倫広さん+カゼプロのチームに、アートディレクターとして参加させていただきました。

 

TVCM