「STAND BY ME ドラえもん」

この夏話題のドラえもん3D、評判どおりとっても面白かったです!

 

まずは3Dの迫力に驚きつつ、若干の違和感。

(いつの間にか解消されていました)

次に、ひさびさに触れた「ドラえもん」の世界への懐かしさ。

(今さらかもしれませんが、水田わさびさんのドラえもんが超新鮮!)

そして最後にはやっぱり、胸に迫る感動☆

(てんとう虫コミックスの6巻と7巻、昔さんざん読んでさんざん泣いたのに…)

 

本当に、観てよかったと思います。「子ども経験者」のみなさま、夏の終わりにぜひ劇場でご覧ください!

 


「ホドロフスキーのDUNE」

各所で賛辞を耳にしつつ、なんとなく敬遠していたこの作品。

「エル・トポ」で知られる実験的な映画監督、アレハンドロ・ホドロフスキーを面白がる気分は

なんだか今薄れてしまっているし、

ドキュメンタリーも気力を要するわりにはハズレが多いし。。。

そんな消極的な気持ちを抱えつつひさびさにアップリンクまで足を運んだのですが、、、

結論から言うと、とっても面白かった!

内容的には、人気映画監督だったホドロフスキーが

SF大作「DUNE」製作ためにプロデューサーと奔走したが、

結局実現できずお蔵入りした…という実在の出来事の顛末を追いかけるというもの。

地味な題材ですが、丁寧に関係者の証言を追いながらも説明的すぎず、

退屈させないような表現の工夫も随所に散りばめられ、

嫌味のない物語性が感じられる構成。

出演者(関係者)や資料の豪華さも手伝って、見ごたえがありました。

そして何よりも、スーパーポジティブなホドロフスキーの思考に感動☆

「芸術家」のイメージを裏切らない、強いパワーを感じました。

近日中に、ホドロフスキーの新作「リアリティのダンス」も観に行きたいと思います。


裏原宿にて

アミューズオーディションフェス2014の開催が近づいてきました!

原宿駅に続き、日曜日からは裏原宿でもポスタージャック!

特に原宿通りの入口、30連貼りは迫力満点です。

最近はTVでの宣伝も増えましたね。

世の中を明るくしてくれる、とびきりのスターが誕生しますように☆☆


 


アミューズオーディションフェス2014

アミューズが、5年ぶりに大規模オーディションを開催します!

書類審査は一切なし。夏フェスのように参加者みんなが楽しめる、NEWタイプのオーディションです☆

東京会場となるラフォーレ最寄の原宿駅では、昨日よりポスタージャックが!

こちらのグラフィック制作をハツメイで担当させていただいています。

モデルのみなさんが着ている特製Tシャツ「未来の~~」シリーズも、たくさん作りました☆

クリエイティブディレクター:佐久間崇さん(電通)
コピーライター:田母神龍さん(電通)
フォトグラファー:長弘進さん(D-CORD)
アートディレクター:青木二郎(ハツメイ)
デザイナー:佐藤有途(ハツメイ)

アミューズオーディションフェス2014


暑中お見舞い申し上げます。

あっと言う間に今年も8月。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

ハツメイでは、春に迎えた新人デザイナー・佐藤有途(さとうゆうと)が、すくすくと成長中です。

本人からのひとことを求めたところ、「頑張りますので、よろしくお願いいたします。」とのこと。

…とってもマジメな青年です!以後、お見知りおきくださいませ☆

せっかくの暑~~い夏。

みなさまの毎日が、シズル感たっぷりの楽しい時間となりますように。