FILM:『PAD MAN 5億人の女性を救った男』(R・バールキ監督)

今年最初の映画は『PAD MAN 5億人の女性を救った男』。・・・素晴らしい映画でした!!愛する妻のために、そして5億人のインド女性のために、安価で清潔な生理用ナプキンを開発・製造した、インドに実在するスーパーヒーローを描いたお話です。

月経が「穢れ」とみなされてきたインド社会では、現代でもその期間、専用の部屋や家畜小屋に籠もって過ごす地域があるそうです。ナプキンは高価で普及しておらず、ぼろ切れやおがくずで経血処理をするため、生殖系疾患の原因にもなっているのだそう。不勉強なわたしは、まずこの現実に驚愕。経済や流通の問題だけでなく、女性差別の因習がこういう事態を招いているのだと思うと胸が痛みます。

並々ならぬ努力の甲斐あってナプキン製造機を生み出した主人公・ラクシュミのすごいところは、それを自分の利益に収めようとせず、機械を普及させ販売システムを構築して、女性たちの働く場を作り出し自立を促したこと。パートナーとなった聡明な女性・パリーの慧眼と献身なしには成し得なかったことですが、ラクシュミの不屈の精神には新年から勇気をもらいました!

image1 (4)


You must be logged in to post a comment.